農場の四季の最近のブログ記事

 金沢はもう冬の気配。北風がビュービュー、すきま風がヒューヒューと冷たい風に思わずブルっときます。
 農場はまだまだ刈り取りが続いていますが、今週は能登の有機農場「山是清」の刈り取りです。穏やかな晴れが続いてくれるといいのですが、この季節、なかなかそう晴れが続くことはありません。お疲れ様です。



大きな地図で見る
 5月は農作物がどんどん育つ季節。能登の農場から写真が届きましたのでご紹介いたします。
  写真は珠洲八ケ山の耕作放棄地を開墾して植えた、大麦です。
  焼酎になる予定だそうです。とっても楽しみです!(スタッフの酒飲み数名より)

珠洲八ケ山の耕作放棄地を開墾して植えた、大麦

珠洲八ケ山の耕作放棄地を開墾して植えた、大麦

珠洲八ケ山の耕作放棄地を開墾して植えた、大麦

秋晴れの2009年10月19日撮影、金沢大地の有機米の刈り取りを開始いたしました!
えーっ?今頃はどの田んぼも刈り取りが終わったんじゃ? いえいえ。金沢大地の有機米はこれからが刈り取りなんです!それも、トリプル認証米として販売開始予定です!

金沢大地の有機米の刈り取り開始!
広大な有機米の田んぼで稲刈りです

金沢大地の有機米の刈り取り・複数台の大型機械で効率よく刈り取り
複数台の大型機械が効率よく刈り取ります

収穫した有機米(籾殻付き)はトラックの大きな袋へ
収穫した有機米(籾殻付き)はトラックの大きな袋へ

金沢大地の有機米の刈り取り・刈り取り機械、トラック、などなど、農場スタッフは連携プレー
刈り取り機械、トラック、などなど、農場スタッフは連携プレー
(シャイなスタッフたちはカメラを向けると隠れました・・・)

金沢大地の有機米の刈り取り待ちの田んぼ
この田んぼの刈り取りはいつ?刈り取り待ちの有機米の田んぼ

秋の日差しに有機米の稲穂
秋の日差しに有機米の稲穂



金沢大地の国産有機トリプル認証米 販売予告!


10月末、有機JAS認証+N.O.P米国有機認証+EU有機認証のトリプル認証米をお届けします。
おそらく、日本最安値(当社調べ)での有機JAS米ではないかと思います。

トリプルオーガニック認証


kome5kg.jpg  


◆トリプルオーガニック認証米

  10月末発売開始予定です。
  今しばらくお待ちください !!
 

    21年産 無農薬・無化学肥料
  
 有機JAS認証+N.O.P米国有機認証+EU有機認証のトリプル認証米です。
トリプルオーガニック認証


 金沢大地の農場では、ただいま有機大麦の刈り取りが最盛期を迎えています。梅雨に入る前にできるだけたくさん刈り取ろうと、朝早くから日没まで、そしてナイターでと、機械はフル稼働!農場のスタッフも交代しながらですが、刈り取る大型機械を休ませることなく動かしています。

2009年6月有機大麦の刈り取り

2009年6月有機大麦の実がぎっしり

雑草の中で有機大麦がたわわに実っている

有機農場の春

| | コメント(1)
3月ももう後半となり、5月のように暖かくなりました。
農場に出かけると、畑は花盛り。4月になったら、おいしい無農薬スナップえんどうを食べられるね。

無農薬スナップえんどうの花
無農薬スナップえんどうの白い花

有機農場の畑の菜の花
隣の畑では、無農薬カブの菜の花
黄色が目立ちます

有機麦畑に鳥さんが遊びに来たよ
有機麦の畑で小鳥が2羽一休み

有機農場周辺の雑草の花
有機麦畑の雑草の花が満開!
青いのはオオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科 )
白いのはハコベ

オーガニック農場の雑草
ヒメオドリコソウ と オオイヌノフグリ

雑草たちも花盛り。かわいい花が、白、青、紫ときれいですね。
花の名前は自信がないのですが、前々からほしいと思っていた雑草事典でも買おうかな?
ハコベの実は、小さい頃よく小鳥に食べさせるためあちこち集めて歩いていました。小鳥さんも無農薬のハコベの実が食べられる有機農場です。

2009年2月16日。バレンタインデーも過ぎた月曜日。
確か、先週は晴れた日が多く、昼間は20度近くもあったりした。花粉症のスタッフはティッシュが手放せず、目が痒い毎日だった。春一番か?というような温かい嵐のような風が憎たらしいな、と思いながらも洗濯物が乾いたので奥さんは大喜び。

ところが、今日は吹雪。しばらくでやんだけれど、一瞬であたり一面真っ白に・・・と思ったら一時の晴れ間ですぐ溶けた。
金沢大地のカメラでパチリ。さすが北陸の空!だけあって、どんより雲。

春一番から雪

雪柳に積もった雪も、きれいだなぁ・・・と思う間もなくすぐに溶け出す。もうすぐ春だと告げているのかな。

雪解けの雪柳

金沢大地の農産物の生まれる有機農場では、この時期、農場スタッフの仕事といえば、大型農機の掃除や整備。天気のいい日は日の出から日の入りまで、そして時にはライト点灯してまで動かす時もある。人間は休憩したり交代したりできるけれど、機械は休む暇もない。
そんな機械たちも、今はときどき冬眠中。もうすぐ来る春の田植えや何やの準備のために、土作りや畝作りに使われるときもあるけれど、いまのうちに休んでおいてね。